試用期間で退職したい!言い出しにくい退職を切り出し納得の転職をするには?

「まだ入社したてて試用期間中だけど、退職したい…」そうお考えの方へ。言い出しにくい退職を切り出して、納得の転職をする方法を提案します。

転職先がブラックだった!できるだけ早く辞めるべきか?

 

  • 転職先がブラック企業だった!
     
  • 前の会社もブラックだったのに…
     
  • この国にはブラック企業しかないのか!?

 

そうお悩みの、転職したばかりの人も多いかもしれません。

 

最近は本当にブラック企業が増えていますので、そういうことにもなりがちです。

経営の苦しい会社も増えていますし、労働者をゴミのように扱う会社も増えていますからね…。

 

ですが、これからそんなブラック企業で働いていくのは厳しいかもしれません。

一体どうしたら良いのでしょうか?

 

すぐに辞めたほうがいいかも…

こんなページを見ているということは、その転職先の会社は長続きしないようなブラック企業だとあなたは自覚しているわけです。

それは1ヵ月経とうが1年経とうが、10年経とうが変わらないと思います。

ダメな会社はいつまでたってもダメですからね…。

 

すぐに辞めれば、職歴に書かなくても済みます。

 

具体的には3ヶ月以内とか、試用期間中の退職であれば、履歴書に書いている人は少ないですね。

馬鹿正直に書いてしまうと、転職が不利になってしまいますからね…。

私も転職先がブラックで、1週間ぐらいで辞めた会社もありますが、いつ勤めていたかも忘れましたし、そんなの当然ながら書いてませんよ。

⇒試用期間で退職したい!言い出しにくい退職を切り出し納得の転職をするには?

 

ですがこれが、中途半端な期間続けてしまうと、履歴書に書かなくてはいけなくなってしまい、転職が不利になってしまいます。

できるだけ早く辞めておいた方が良いでしょう。

 

前の会社に出戻りするのもアリ

以前勤めていた会社で、これやっている人がいました。

「転職先が決まったので、今月付けで辞めます!」と、勇んで退職して転職していったのですが…。

「求人票に嘘ばっかり書いてあるブラック企業だった」ということで、すぐに出戻ってきました。

最近はほんとにそういう会社が多いですね…。

 

私も、求人票にウソばっかり書いているクソ会社に当たってしまって、すぐに辞めたことがありますし。

求職者にとっては迷惑以外の何者でもありません。

 

独身者であれば、その後バイトでもしながら次を探す…みたいな感じでも生活ができるかもしれませんが。

結婚して子供がいるような人ですと、転職失敗は死活問題なのです。

 

これが原因で離婚になるケースも珍しいものではありませんので、前の会社に頭を下げて戻れるのであれば、戻ってしまうのも手段の1つです。

 

ブラック企業は、正社員にすらしてくれないことも

そういったブラック企業ですと、雇用形態すら嘘を書いていたりします。

正社員の募集で行ったのに、実はバイトだったとか。

 

私は運悪くそういう会社に当たったことがあるんですが、1週間で辞めました。

悪質なことに、求人票の段階では正社員って言っているのに、実際入社してみるとバイト扱いだったりするんですよ。

ふざけるな!って感じですよね。

 

あなたももしかしたら、「すぐにやめるべきか?様子を見るべきか?」と考えているのかもしれませんが。

そういった基本的なところからウソをついている可能性もあります。

ウソをつくような悪質な会社だからこそブラック企業なのです。

 

会社と、労働契約の確認はしましたか?

していないのであれば、会社側がどうとでも勝手に後から設定し直してくる可能性があります。

既にブラック企業だということがわかっているのであれば、そういったことをしてきても何ら不思議ではありません。

 

会社など信用できたものではありませんからね。

従業員のことなんてゴミクズぐらいにしか思っていないんですよ。

 

納得のいく転職がしたいならエージェントを活用

最近は本当にブラック企業が増えていますので、転職の際のリスクがでかすぎます。

ですが、最大限自分の希望通りの会社に行きたいのであれば、転職エージェントを活用しましょう。

 

転職エージェントは、転職者を転職成功させることで、企業側から報酬をもらうことができます。

ですがすぐに辞められてしまうとお金を貰うことができないんです。

なので、入社前にブラック企業だと見抜けるような会社や、こちらの条件に合わない会社は、無理に進めてこない傾向にあります。

 

待遇の良いホワイト企業に行ける…とは言いませんが、少なくともあなた一人で転職先を探すよりはマシな会社に行ける可能性があります。

ホワイトな会社は、転職エージェントで限られた人にだけ求人を開示するように非公開求人にしているケースが多いですからね。

「次の転職先ではブラック企業に当たりたくない!」と考えているのであれば、積極的に利用していきましょう。

 

私も何度も、転職先がブラックだったということを経験し、試用期間中で辞めた会社も結構あります。

ですがそんな私でも納得のいく転職をすることができたわ転職エージェントのおかげです。

 

何年勤めようが、ブラック企業が良くなることはない

「転職先がブラック企業だった!」ということになった場合、意識が高すぎる人は「この俺がブラック企業を変えてやる!」などと言ってしまう人もいます。

ですがそんなのは、全く無理な話です。

 

その会社には過去にも、そういうふうに決意して頑張った人が恐らく1人か2人はいると思います。

ですが、大半のブラック企業は同族系のワンマン企業なので、クソなワンマン社長に睨まれてしまえば終わりです。

クビになったり、リストラされたりするでしょう。

 

そのワンマンのクソ社長にとっては、今のブラック企業は居心地がいいんですよ。

外様のよくわからない従業員に会社を変えられても困るわけです。

 

その会社の社長としては、

  • 「俺の会社なんだから、どうしようが俺の勝手だ!」
     
  • 「文句あるなら、お前も自分の会社作ればいいじゃん!」

というのが言い分でしょう。

確かにその会社の社長も、努力して会社をそこまで軌道に載せたんですから、その通りではあります。

 

ブラック企業は、創業者の社長が亡くなるとか、抜本的に組織が変わる機会がないと、絶対に良くなることはありません。

自分すら変えるのが大変なのに、会社を変えるのは無理です。

勤め先の会社を変えたほうが遥かに手っ取り早いので、諦めて他の会社を探した方が良いかと思われます。